アニマルシルエット

無料ブログはココログ

« グラチャン2009 | トップページ | 群馬家族旅行 -2- »

2009年11月13日 (金)

群馬家族旅行 -1-

ここ数年、恒例になりつつある家族旅行。いつも行き先に迷う。今回の決め手は『群馬サファリパーク』。プロフィール画像でもある「オランウータンと一緒に写真が撮りたい!」 そんな私の希望に刃向かうヤツはいない。 だって運転するのも計画立てるのも私だから。主体性のない家族達デス。


11月6日(金)

しばらく調子の良かった母が今日に限って悪い。「行かないとsakkoが怖い」(←らしい)と8時15分、強行出発。天気良好。お日様が眩しい。

初めの目的地『月夜野びーどろパーク』。

Imgp2732 Imgp27162730

ガラス工場につづく歩道の飾りがサンタバージョン。もうそんな季節。そういえば県境、谷川岳辺りの山に雪があって綺麗だったなぁ。青空に映えてた。

ガラス工場で働く人達を眺める。私の近くにもこんな工場あったら違う人生歩んでいたかも・・・なんて思ったりして。 吹きガラス体験で散々だったのに懲りないヤツ。

昼食は「水沢うどん」。4月に来た時とは別のお店へ。12時前に入店のせいかお客さんはポチポチ。でも帰りは店内満席。さすが人気店だね。「さるうどん」と「釜天セット」を注文。

Imgp2733

but ・・・ ん~・・・。ざるうどんはコシがあり美味しかった。ただつけ汁が・・・。胡麻ダレより醤油が好きなので醤油を選んだが、私の口には残念な結果。釜あげうどんも頂いたが予想通りコシなし。冷凍うどんの方が好きだ。

やっぱり「小千谷のへぎそばが一番だねっ」。 って、うどんじゃないけどさ。 文句を書きつつもお腹を満たし満足な私。

次に向かったのは伊香保温泉にある『河鹿橋』の紅葉。ここは有名な紅葉ビューポイントのよう。駐車場もイッパイ。

Imgp2754 Imgp2752

今回唯一の紅葉狩り。あまりの眩しさに綺麗な紅葉が薄茶けて観えて、見た目は残念。でも写真はマズマズかな。予想以上に狭い敷地。誰からも「ライトアップ観たい」の要望がなかったので夜は却下。

Imgp2768 Imgp2789

本当は本日の目玉観光地になる予定だった『榛名湖』。遊覧船に乗ったり、ロープウェイで榛名富士からの景色を眺めたり、みんながその気になったらトテ馬車で湖一周、・・・とかね。ぜ~んぶ紅葉が終わりで吹っ飛んでしまった。 2時間滞在を考えていたのにどうしてくれる !? トテ馬車のオジサンと暫し雑談。 乗らなくてゴメンね。 紅葉は10日前に終わったらしい。吾妻渓谷の紅葉が見頃らしいが片道40分はチェックインの時間が遅くなる。工事途中の八ッ場ダムの前で写真撮るのが流行(?)らしい。 ほぅ、あの八ッ場ダムはこの近くなのか。知らなかった。 もう少し早く知っていたら行ったかも。

お土産屋さんらしき店も見つけられず時間を持て余し、早いけど今夜の宿泊先に向かうことに。

Imgp2829お宿は伊香保温泉。一度は泊まってみたかった温泉地。何度も群馬に来ているわりに泊まったことがなかった念願の場所。

お風呂が良くて、部屋食(個室)で、石階段の近くで、料金も辛うじて範囲内、予約可能なお宿が老舗の旅館『岸権旅館』さん。 お世話になります。

いやぁ。こんなに坂だらけだとは思わなかったよ。 地図見れば想像つくか。「シエンタ、ガンバッ!」の連続。 道も狭いしね。でもこれが昔からの温泉街って感じで情緒がある。

Imgp2811

玄関から徒歩数十秒で行けるのが石階段。せっかく観光出来るようにと選んだのに皆は部屋でくつろぎモード。私だけカメラ片手に散策。階段だけでなく所々に平地があるため、思ったより疲れない。本当は伊香保神社や露天風呂の方まで行きたかったが、一人散策は寂しいのでソソクサと部屋へ戻る。

夕ご飯前にはまずお風呂。伊香保温泉は「黄金の湯(茶褐色)」と「白銀の湯(透明)」があるらしく、岸権さんは「黄金の湯」。それも掛け流し。 これも決め手。 貸切以外3ヶ所に浴室がある。

ロビー(玄関口)階・道を挟んだ外にある「権左衛門の湯」(露天風呂)、1階にあるのは「又左衛門の湯」(内湯)、浴室棟(男性3階・女性4階)は「六左衛門の湯」(内湯・露天風呂)。

出かける前にHPでチェックしたんだけど分かりにくかったんだよね。着いて説明聞いたけど?行ってみて初めて理解。でも温泉好きの父は結局「六左衛門の湯」に入らなかった。 きっと場所が分からなかったんだ。(^-^; 連れて行くのに拒否されたし。 旅館の方が立っていらっしゃるので教えていただけるけどね。母は1階まで下りて廊下を渡り、更に別棟のエレベーターで上がる、そんな構造が面倒だったみたい。せっかく喜んでもらえると思ったお風呂が意外なところで失敗だったかも。私はしっかり全お風呂制覇。

Imgp2851よくよく思い出すとお年寄りって少なかった。っていうか居ない?石階段ももちろんだし。伊香保はお年寄りには辛い温泉地だったかなぁ。

旅館の夕ご飯はいつも食べきれないのが定番。が、此処はちょっと違った。量が少ない?写真の他に「台の物・上州牛サーロインの源泉蒸」、温麺、旬のフルーツ。しめじの釜飯は全部食べたし源泉蒸は美味しかった。初めての腹9分目くらい。残すよりいいか。お品書きが嬉しい。ご馳走様でした。

お風呂に入り部屋に戻ると、アレ?みなさん就寝。 まだ9時だぜ。 「誘拐されたかと思った」なんて怒られながら渋々布団へ。おっ、私好みの枕。 低くてフワフワ。みんなには不評。 明日のために素直に寝ます。おやすみなさい。

« グラチャン2009 | トップページ | 群馬家族旅行 -2- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グラチャン2009 | トップページ | 群馬家族旅行 -2- »