アニマルシルエット

無料ブログはココログ

« チケット get ! | トップページ | 給油日誌 -45- »

2010年10月23日 (土)

万座温泉 その3

10月2日(土) 

温泉 では必ずといっていいほど朝風呂に入る私。・・・入れなかった。眠いんだもん。
その為、大浴場「万天の湯」に入れず、全お風呂制覇ならず。 貸切風呂はなしね。
陽が差していた朝方も、朝食バイキングの時には辺り一面雲(霧?)に覆われた。と思いきや、いつの間にか山々が顔を出す。
山の天気って本当に変わりやすいんだ。実感。

9時過ぎにチェックアウト。
帰りは群馬経由。目的観光地は『鬼押出し園』くらい。

宿から出てしばらく走ると白い煙発見。
後日調べると、ここが『万座空吹(からぶき)』という場所だったみたい。
辺りは硫黄の臭いで凄い。 でもクセになるぅ。

Imgp3901 Dscn3626

「地面から滲みこんだ雨水や地下水が、噴火口跡から水蒸気となって、硫化水素ガスと共に吹き出している」(嬬恋村観光協会様HPより)そうな。
近くを流れる川も乳白色。
「展望台」もあったんだ。 チェッ、失敗したぜ。
やっぱり硫黄の臭いがすると「温泉に来た」って感じがする。
ここを最後に温泉とサヨナラ。

いつの間にか『浅間白根火山ルート』に突入。

『嬬恋牧場』で暫し休憩。
残念ながら浅間山は見えず。 他の観光客に説明するオジサンの声に耳を傾ける。
全体的にモヤッてて展望はイマイチ。
ソソクサと次へ移動。
あっという間に「万座ハイウェー」の終点地。
これで1020円(乗用車)ですか !? たっけー! 視界が良かったら感じ方が違うの?
草津経由で回る余裕も気力もないから仕方ないけど。

少し走ると次は「鬼押ハイウェー」。
「三原-鬼押出し」間は360円(乗用車)。往復だから720円だよ。
ここも微妙な景色で・・・。何故に有料道路 !? って感じ。 乗ってるだけだと違うのかなぁ。
文句を言いつつ『鬼押出し園』へ向かう。
20数年振り。そうそう、この景色。懐かし~い。

Imgp3912

『嬬恋牧場』では見えなかった浅間山もスッキリ顔を出してくれた。

Dscn3630 Imgp3932

見る気満々だったんだけどねぇ。やっぱりダメだった、オカーチャン。
「みんなで行って来い」と言われても、置いてけませんよ。
「二天尊像」から「水盤舎」を通り「浅間山観音堂」までの往復。 もっと色々なコース、回りたかった。でも仕方ない・・・。またいつか。
「水盤舎」はパワースポットなんだそうな。「地下水をくみ上げている」と書いてあったような・・・。
私もしっかりお水を頂き POWER UP

正味1時間あまりでメインの観光が終了。 予定が狂う・・・。
そうそう。【物欲 その2】で購入した車いす。
実はこの旅行でデビューの予定だったけど、出かける前にバタバタしてしまい、場所もとるという事で持っていかなかった。 でも荷物の量を考えると正解。
『鬼押出し園』では運良く一つ残っていた車いすを借りられたので助かった。
そこで感じたこと。・・・こっちの方がコンパクト。買ったのより小さめ。ぅう~・・・、失敗 !? でも知識なかったから仕方ないか。

吾妻渓谷を通り沼田市へ向かうため、『鬼押出し園』からユーターン。
これを書いていて思い出した。
以前行ったときは、真直ぐな道に浅間山や溶岩のゴツゴツが見える所があったよなぁ。あれは何処だったんだろう。あっ、もしかしてあの先(鬼押出し~峰の茶屋)だったの?ほんの少し遠回りして146号線から帰れば見れたってこと?料金だって100円安く済んだのに。ぁあ~・・・、失敗。後悔。
いつかリベンジしたい。そしてもう一度『鬼押出し園』も、スミからスミまで回りたいよぉー。

道沿いのお蕎麦屋さんでお昼を食べ、給油も済ませ、吾妻渓谷沿いをひた走る。 みなさんはお昼寝さ。
走っていると『やんば館』の文字。休憩を兼ねて寄り道。

P1000043a

ここ辺りが噂の『八ッ場ダム』か。ここも沈んでしまうってこと?
・・・難しい問題。
苦渋の決断を迫られ、泣く泣く住み慣れた土地を離れた人たち。
それを今更中止なんて言われたら・・・。お年寄りは特に辛いよねぇ。
でも続行になったとしてダムに沈む瞬間、これはもっと辛いのではないだろうか。
私達家族は震災により住み慣れた土地を去った。この地域の人たちと違い、同じ場所に住もうと思えば住めたのだから、苦渋の重さは全く違うのかもしれない。
でも何代も続いたこの土地から去ると決心した両親の決断は、相当のものだったと思う。
今は旧家の跡に畑を作り汗を流している。そこに家がなくても、そこに行ける喜びは残っているんだよね。
だから本当に必要のないダムなら・・・、国に振り回された住民のみなさんは本当に可哀想だと思うけど・・・、土地が残っているって良いよ。また行けるんだもん。家がなくても目の前には見慣れた景色が残ってるんだから。
それとも一気にダムに沈めて気持ちを一新させるほうが、前向きに進めるものなのか・・・。

ふぅ・・・。分からない。考えるだけで悲しくなってくる。

10月とは思えない暑さが、この現実を忘れさせた。 思考能力、低下。
さぁ、次、次。
『大理石村 ロックハート城』のショップだけ覘き、最後の目的地、沼田市にある『原田農園』へ。
最後に果物でもお土産に・・・と思っていたが、長野で買っちゃったリンゴたち。 やっぱりリンゴは長野でしょ、って。
時期が中途半端だったのか、時間が時間だったせいなのか、思ったほど種類もなく・・・。
バウムクーヘンをお買い上げ。 何気に長野・群馬はバウムクーヘンが多い気がする。何故だ?

原田農園さんから沼田ICまでは、ほんの数分。
一路、関越道で我が家を目指す。
途中あまりに早く着きそうなので、あちこちのサービスエリアに立ち寄り。
そして今まで近すぎて一度も寄ったことのなかった『越後川口SA』へ。

P1000046

帰ってきたぞぉー!

5時30分過ぎ。我が家、到着。
今年も無事に家族旅行、終了。もう少し時期を遅くすれば紅葉 が最高だっただろうに・・・。 ゴメンナサイ。
総走行距離、412.3km。みなさん、お疲れ様でした。

« チケット get ! | トップページ | 給油日誌 -45- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チケット get ! | トップページ | 給油日誌 -45- »